家づくりの流れFlow of house building

家づくりはほとんどの人が初めてです。
「どうやって家ができていくのか」という不安があるかと思います。
大まかな流れは次のようになります。

SETP1

現地調査

建てる場所が決まっている場合は、その場所を見させて頂きます。
土地が未定の場合もご相談に乗らせて頂きます。

SETP2

ヒアリング書作成依頼

自社のヒアリングシートをお渡しします。
家族構成や現在の生活、新しい家への希望などをご記入していただいています。
どんな些細なことでも家づくりへの思いをたくさんご記入していただければと思います。

SETP3

平面、立面図のプランニング

記入していただいたヒアリング書に合わせ、平面と立面図のプランニングを行います。

SETP4

設計契約

建築設計業務委託契約を行います。ここから細かいところの打ち合わせを始めます。

SETP5

見積もり提出

ご納得いただくまで再考を繰り返したプランでのお見積もりを提出します。

SETP6

本契約

見積もり、図面ともにご了承いただいた後、本契約をいたします。

SETP7

地鎮祭

地鎮祭には工事を始める前にその土地の神様を鎮め、土地を使用する許可を得る意味があります。また工事の安全と無事完成をお祈りする儀式でもあります。
必要なものなどはこちらから事前にお知らせしますので、ご安心ください。

SETP8

工事着手

地鎮祭を終えるといよいよ工事着手です。
安全第一で丁寧な仕事を行います。

SETP9

上棟

柱や梁など建物の基本構造が完成し、家の最上部で屋根を支える棟木(むなぎ)と呼ばれる木材を取り付けることです。
1日で骨組みや屋根まで一気に組み上げる、特別な日となります。

SETP10

完成

住まいの完成です。

SETP11

引き渡し前施主様検査

完成した住まいを施主様に確認してもらいます。
気になるところがあればおっしゃってください。

SETP12

引き渡し

お引き渡しになります。
新しい住まいでの生活をお楽しみ下さい。

SETP13

メンテナンス

まず引き渡しから3ヶ月後をめどにアンケートを取らせて頂きます。
実際に住まれて気になる点があればどんなことでもご記入くださいませ。
また引き渡しから1年後にはメンテナンスを実施いたします。
ただし1年後メンテナンス以外でも何かあれば、いつでもお気軽にご相談くださいませ。